オメガバース好き女子のノート。

ボーイズラブ(BL)要素のみのブログです。オメガバース好き腐女子による、オメガバ作品の感想やまとめなど。はじめての方はABOUTからどうぞ。

オメガバースとは

こんにちは、yukiokoです。

 

このブログでは、ボーイズラブ(以下BL)の"オメガバース"というジャンルを扱っています。

BLって何?という方は、必ずこちらをご確認ください。

 

 

「BL無理だ~!」という方は、ここでそっとこのブログを閉じてください。以下、「BLすき、オメガバースって何?」という方のみ、お進みください。

(「オメガバース知ってるよ」という方は、この記事を飛ばしていただいて構いません)

  

さて、本題に入りましょう。

 

BLの中にも様々な指向・設定があり、たとえば"学園"、"リーマン" "異世界ファンタジー" "年の差" "芸能界"など、例を挙げるとキリがありません。

その中でも、yukiokoが今ハマっているのが、 "オメガバース"という設定の作品。

 

オメガバースとは、海外の二次創作ファンサイトで流行した、”狼の群れの階級社会”に、”両性具有の要素”が加わった設定のことを言うようです。

初心者にやさしい、イラストつきメモがありました。

dic.pixiv.net

 

大まかな基本設定はあるものの、書き手の解釈によって自由にアレンジが加えられ、そのバリエーションは多種多様。その自由さが、書き手の創作意欲を掻き立て、読み手を飽きさせないのでしょうね。

 

BLには、オメガバースよりずっと以前から、"猫耳・犬耳(ケモ耳)"や、"獣人"というジャンルが存在しており、こちらは登場人物を様々な人型動物と絡めたものになります。 その中には、オトコのお母さんが妊娠子育てする、という設定もありました。

 

オメガバース”の登場は最近ですが、”ケモミミ・獣人”設定が、見た目普通の人間の話に変化(進化)し、そこに"階級社会(世界)"の設定を加えたもの、とも言えます。

実際、オメガバースには、ケモミミ・獣人設定と合わせた設定のものもかなり多くあります。 ”ケモミミ・獣人”と”オメガバース”は、親子のような親和性の高い関係にあるジャンル と言えそうです。

 

 

よく『BLはファンタジーだ。』と言われますが、オメガバース『ファンタジー上のファンタジー。より一層、個人の嗜好性が強くなり、”地雷”と感じる人が多くなるのは当然ですね。さらにオメガバースには、基礎設定に絶対に抗えない『運命』という要素があるため、そこを嫌う人も多いようです。

 

一部では、この設定そのものや、商業誌で扱うことに対して、”メッコメコ”に言われていることも承知の上で(yukiokoも最初はモヤっとしたので理解できます)、でも私はこの設定が好きだから、これからも読み続けます。 我が道を逝くゆく……。