オメガバース好き女子のノート。

ボーイズラブ(BL)要素のみのブログです。オメガバース好き腐女子による、オメガバ作品の感想やまとめなど。はじめての方はABOUTからどうぞ。

【あ】赤星ジェイク オメガ春機 [あらすじ][ネタバレ][オメガバース]

 

 【あらすじ】家猫族のキンは山犬族の九守を拾い、オオカミ族の医者・伊勢の近くで暮らしている。九守は性質が犬のせいか、やたらとキンに甘噛みしたり舐めたりしてくる。相性がいいと喜ぶ伊勢に、何故だか胸が痛むキン。そんなある日、キンは感じやすい部分を九守から念入りに毛づくろいをされてしまう。初めての感覚にただ甘く震えるだけのキンだったが、それからというもの、常にお尻の奥がジンジンと疼いて濡れてくる。それはオメガとしての目覚めで、妊娠できる体になったという証で…!

 

書籍情報

発行:フロンティアワークス / ダリアコミックスe

紙書籍発売日:単行本未発売 電子連載中

f:id:yukioko:20180629003835p:plainf:id:yukioko:20180629004031p:plainf:id:yukioko:20180629004207p:plainf:id:yukioko:20180629004228p:plain

 

主な登場人物

攻:山犬族の九守(くも) α

受:家猫族のキン  Ω

他:オオカミ族で医師の伊勢 α

 

はじめに。

 赤星先生の描くBLは、嫌味のない天然系キャラ達がとてもいい味を出しているんですよね。みんなが、それぞれ一生懸命生きていて、至るところに『愛』が溢れていて。読後感がとてもほっこりあたたかい。

 

そして、個人的に特に好きなのが、ところどころに登場する、慎ましくトリッキーな手書きセリフ。もし見落としたとしても、ストーリーに影響はないけれど、そのセリフに含まれる小ネタに気付いたら、更に何倍も愉しめるという…。あまり自己主張せず、サラッと描かれているので気付いたらニヤニヤが止まらない、魅惑の手書きセリフが堪らないのです。これが見たくて何度も読み返してしまう…。

 

その大好きな赤星先生のオメガバースを読める日が来るとは、夢のよう~!嬉しすぎます。

 

こんなお話です。

さて。オメガ春機(しゅんき)ってどんなお話かといいますと。

 

山犬族の九守(くも)は、他種族に縄張りを奪われ、仲間とはぐれて行き倒れてしまいます。そこへ家猫族のキンが通りがかり、九守を拾って帰るところから話がスタートします。キンは九守を同居させることにして、九守は恩返しに、キンの働く猫カフェで仕事を手伝うようになります。

徐々にキンに惹かれ(懐き?)、濃くなっていく九守のスキンシップ。二人の同居生活はどうなっていくのか……。

 

見どころは、

キンと九守の成長(性徴)過程と、二人の恋のゆくえ。そして、キンと九守に加えて、小さい頃からキンを見守ってくれている、医師でオオカミ族の伊勢を加えた3人の関係性です。伊勢はオメガ猫専門医師ですが、そのキンに告げていない仕事内容があって…。

現在5巻まで配信中ですが、話のテンポはかなり特急です。後半は、キンと九守から、伊勢へとスポットが当てられていきます。

 

話数が進むにつれて、爆加速していくエロ度も見逃せないポイントでしょう。見ない理由なし

 

おわりに。【ネタバレ注意】

最初は子供らしく可愛らしいキンと九守ですが、犬猫時間軸なのか話数が進むにつれてみるみる成長していきます。キンと九守は、なんだかんだ終始あまイチャしており、それぞれ葛藤などありつつも、二人仲良く手を取り乗り越えていくのでしょう。

 

一方で、何やらワケアリの過去があるらしい、諦観じみた言動が見受けられる、イケメン医師伊勢のこれからが、気になって仕方ありません。 最新巻ではいよいよ伊勢にも困難(猫難?)が訪れますが、伊勢も絶対幸せになって欲しい!子猫たちの殺人級の愛らしさにも悶絶間違いなし。「ぅわああぁぁああ!」ってなります。

 

もう、読めて本当にしあわせ…。個人的にオメガバ作品では一番好きなお話です。あんまり好きなので、まだ連載中だけど一番最初に記事を書きたかった。おススメします‼

オメガバース初心者さんにも読みやすいお話だと思います。ぜひ。

 

注目キーワード・セリフ

「俺とお前に 大人の誕生日が来たんだよ」 

「アイスじゃないんだから…」 

公園の土管、おくるみ、アルファ特有の恥ずかしがり

 

 yukioko評価

  • SWEET度 ★★★★★(回数:並)
  • あまあま ★★★★★
  • 悶絶度 ★★★★★

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村